微弾性のシリコン塗料でクラックを防ぐモルタル外壁塗装

川崎市多摩区での外壁塗装の様子。

まずは高圧洗浄で汚れを除去します。長年溜まった埃や汚れを落とすため150キロ圧の水流をあて汚れの撤去。

CIMG1213_R

 

CIMG1254_R

今回、レンガの部分があったのですが、こちらは塗装をしないので塗料が付かないよう、塗り分け線が綺麗に出るようにマスキングで養生をしています。

CIMG1257_R

モルタル外壁には必ずあるクラック。深さによって処理は違います。今回は微弾性のシーラー(下塗り塗料)の希釈を普段よりも粘着度を高めにし、クラックに塗り込んでヒビを埋めました。微弾性なので、これ以上のクラックの広がりも阻止でき、揺れにも対応します。

 

CIMG1264_R

日本ペイントのパーフェクトフィラーという塗料を使用しての下塗りです。この塗料は密着性に優れた下塗り塗料で、クラックにも柔軟に対応してくれます。なので、クラックが発生しやすいモルタル外壁には適した材料と言えるでしょう。

 

CIMG1265_R

 

CIMG1269_R

窓枠の部分は先に養生をしていたので、気兼ねなくローラーが転がせます。

 

CIMG1270_R

仕上がっている軒部分に養生をしています。

 

CIMG1285_R

 

CIMG1286_R

中塗りは少し黄色みがかったクリーム色で塗装。下塗りと色が違うので、塗り残しがなくくまなく濡れます。

こちらは水性シリコンセラUV塗料というもので、紫外線による外壁の傷みを抑制、さらに長期にわたって美観を保持してくれる優れた塗料です。

 

CIMG1288_R

 

CIMG1289_R

 

中塗りが終わって、上塗りの完了。上塗りは更に黄色い塗料で仕上げました。まだ塗りたてなので養生を剥がしていませんが、程良く乾いたところで養生を剥がします。完全に乾いてから剥がすと、塗膜が割れて周囲に散る可能性があるからです。

性能的には二度目の塗装で十分ではありますが、三層塗ることで艶に深みが出、外壁自体も肉厚に仕上がり美観の向上につながるため、塗装職人では三層塗りを基本としています。