川崎市で細部まで塗り込む厚膜屋根塗装

川崎市多摩区で行った屋根塗装の工事事例です。

職人は一級塗装技能士の川口、星野、曽根が担当。

築10年のコロニアル屋根とモルタル外壁の戸建て住宅。屋根のスレートの目地は少し深めのタイプになっているので、ローラーと刷毛を使い分けて塗替えします。

コケの付着した洗浄前の屋根

ベランダの高圧洗浄

まずは高圧洗浄機を使用して家全体の汚れを洗い落としていきます。特に屋根塗装では、汚れが付着した状態で塗装してしまうと、塗料の密着不良から剥離に繋がりやすいので、念入りに洗浄することが重要です。(屋根の水洗い写真がないためベランダ洗浄の様子です。)

 

雨押さえのケレン

雨押さえサビ止め塗布

雨押さえなどの鉄部は塗装前にケレンをして、塗料の食い付きを向上させます。次にサビ止めを塗布して、鉄部が酸化(腐食)することを防ぎました。

 

屋根シーラー下塗り
屋根材には塗料の密着力を高めるための浸透シーラーを染み込ませるようにたっぷり塗って下塗りです。

 

屋根中塗り

次はシリコン塗料を塗布して中塗り。紫外線や風雨から屋根を保護するために、厚みのある塗膜でコーティングします。ローラーを縦横に転がして、ムラなく塗料を行き渡らせました。

 

屋根上塗りダメ込み

ローラーで屋根上塗り

最後は3度塗りの最終工程、上塗りです。まずは刷毛で、屋根の目地から塗り込みます。ローラーだけで無理に塗ろうとすると、その箇所だけ塗料がぼってり付いてしまうことがあるので、先に細部を仕上げてからローラー塗装。こうすることで、全体に均等な膜厚の塗装が仕上がります。

 

屋根上塗り後

3度塗りを終え、つやっとした光沢のある屋根塗装が完了しました。

 

シリコン塗料による屋根の上塗り動画