10年分の汚れを洗い流す高圧洗浄

塗装を長持ちさせるためのポイントとして、メーカーが定めた通りの比率で塗料を用意して厚く塗ること。傷んだところをしっかりと丁寧に補修すること。そして、汚れを徹底的に落とすこと、が上げられます。
塗装を行う上で当たり前のことのように思えますが、この当たり前を当たり前に行うことが塗装を行う上で一番大事なことになります。大手メーカーから下請けした業者などは無茶とも言える工期、極端に安い工費などが原因で上記のポイントを満たせない場合も多々あるのです。

今回はそのポイントの1つ。汚れを徹底的に落とす工程、高圧洗浄を行いました。

最大で150キロ圧にもなる高圧水流での洗浄は家1軒を洗うのに丸1日かけて、丁寧に作業を進めます。もちろん、この時には足場は既に組まれてメッシュシートも屋根より高くまで張り上げてある必要があります。時に足場と洗浄を1日で行う業者がありますが、長年こびり付いた汚れはサッと洗っただけで落としきれるものでは
なく、後々トラブルにも繋がりかねません。
また防音タイプの洗浄機を用いても、やはり水音やエンジン音がいくらか周囲に響いてしまうため、隣近所からのご協力が必要です。立地環境次第ですが、足場を組む際にも必要な幅がない時にはお隣さんの敷地を越えて足場を設置させて頂くこともあります。もちろん、狭いところも工夫して足場を組み作業することが出来ますので、お悩みの方は1度ご相談ください。

高圧洗浄機を使って屋根や外壁に水を当てると、黄緑色のカビや黒ずんだ汚れが下へ下へと流れていくのが分かります。これが長い間にこびり付いた汚れで、洗浄をキッチリ行わないと、この上から塗装を行うことになり、どれだけ厚く塗ったとしても汚れと一緒に塗膜が剥がれ落ちてきて意味のないものとなってしまいます。
その勢いから洗うと言うより、削ると言う表現も出来そうなほどの威力ですので、網戸が古いと破いてしまうこともあったり…また、直射し続けると外壁の塗膜を削り落してしまうこともあるので、見た目以上に扱いが難しい道具です。
今回、作業を行ったのは一級塗装技能士の職人・川口。塗装だけではなく、塗装に必要不可欠な高圧洗浄の腕も一級の仕事ぶりでした。