良く話し合った見積もりで防ぐトラブル

外壁塗装の施工を前に必ず行うのが、見積もり。見積もりとは どこに、なにを、どれだけ使って施工したか、と言うことを明確に表示して施主様へ伝えるためにあります。

いざ、塗装する時に塗装してもらえるとばかり思っていたところが塗られていない、塗装を頼んだら追加料金を取られた…などと言うトラブルの話も聞きます。
その他にも「家の一部が破損していた、施工時に壊したんだろうから弁償して欲しい」と言われることもありますが、物証がない限り実際のところは誰にも分かりません。

折角、綺麗に塗装された家の前で「そちらが壊したんだろう」「いや、元から壊れていました」、「ここも塗ってくれるとばかり思っていたのに」「施工には追加料金がかかります」などと言う押し問答をしないで済むように。
見積もりの時点で劣化していて施工前には既に壊れていた所などをしっかりと記録に残したり、施主様の意向で塗装するところ、しないところ、などを明確にしておくことが、後から「こんなはずじゃなかった」と言うようなトラブルを防ぐことに繋がります。