丁寧な養生で塗装の質を向上

川崎市中原区での外壁塗装工事、養生をしっかり施して塗替えに備えます。

養生というのは、塗装をしない箇所に誤って塗料を付着させないようにカバーすることを指します。マスキングテープやマスカーというテープ付きのビニールなどを使用して、窓や雨樋などから、家の周囲・庭先にあるものを全て覆っていきます。

お宅によっては植木や花壇などがありますので、そういうところに塗料をつけてしまっては大変です。ただ、ビニールでぴったり覆ってしまうと、植物も呼吸ができなくなってしまうので、適度に空気が入るように気をつけてカバーします。

窓や雨戸の場合は、開閉できないように覆うことが多いのですが、そうしますと息苦しさを感じてしまったり、室内が暗くなってしまことも。その際は完全に覆う形ではなく、浮きを作り、窓の開閉ができる形にすることも可能です。

できるだけ、お客様の生活環境に配慮させていただく形で養生させていただきます。

養生を丁寧に施すことで、塗料の飛散やはみだしに意識をとられることも減少するので、肉厚な塗膜をつける塗装に集中することができます。また、塗替え後に、付着した塗料の吹き掃除をすることも減るので効率的と言えますね。

養生は塗料の付着を予防するだけでなく、テープを軒と外壁などの塗り分けの境界線に真っ直ぐ貼ることで、きれいなラインを出すことができますので、仕上がりにも大きく影響するのです。