家を丸洗いする高圧洗浄で塗膜を長持ちさせる施工を

塗装の塗り替えは、家の状態にもよりますが約10年に1回とも言われています。
その365日24時間、10年間 雨風や紫外線に晒され続けた外壁は汚れや古い塗膜で覆われていますが、汚れの上から塗膜を塗り重ねても やがれ汚れごと塗膜が剥がれてきてしまい、どんなに肉厚に施工しても意味がなくなってしまいます。
施工の日程が決まり、足場を組んだ後に行うのが、最大で150気圧で噴射される勢いある水で家を丸洗いしていく「高圧洗浄」。塗料を厚く塗り重ねた後には見えなくなってしまう工程ですが、塗料を長持ちさせるためには とても重要な作業の1つです。

高圧洗浄機から噴射される水は直射し続けるとゴム靴すら破いてしまう勢いがあるので、取り扱いに気を付けながら作業を行います。その勢いから「洗い流す」のではなく、「削り落す」と言った方がイメージが伝わりやすいかもしれません。
屋根上は、生えたコケや藻が濡れると滑りやすくなって危険なので下から上へと昇るように しっかりと足場を作りながら洗い流していきます。この時、隣近所を汚してしまわないようメッシュシートを屋根上より高く張り上げることで、汚水や塗料の飛散を防ぐことができます。

軒裏や雨樋の裏の狭いところ室外機の周りも丁寧に洗いながしておくことで、汚れが落ちた素地に接着剤の役割をもつ下塗りが入りこんで剥がれにくい塗膜へと仕上げることができます。