2液型使用の肉厚シーリング(コーキング)

川崎市高津区で行ったサイディング外壁と屋根の塗装工事。

その塗替え前に、外壁の目地シーリング(コーキング)を打ち替えしました。

今回の現場である上作延の教会では、シールが目地の奥に後退したような状態になるほど肉痩せし、亀裂が入っている状態。このままでは隙間風が入ってしまったり、雨水が建物内部に回りこんでしまい、腐食などの傷みの原因になりかねません。

塗装職人では、2液型のシーリング材を使用して雨漏りや隙間風を防ぐボリュームのある肉厚なシールに仕上げます。

シーリング材には開封してすぐに使用できる1液型のものと、撹拌の必要な2液型があります。同価格でも、使用できる量に圧倒的に差があるため、たっぷり惜しみなく打ち込める2液型を選択。塗装した面にブリードという、汚れが吸着しやすくなる現象を避けるためノンブリードのウレタンを使用しました。

2液型シーリング材で注意が必要な点は、撹拌が不十分ですと硬化不良を引き起こすことがあるということです。基材の入った缶に硬化剤と、混ざり具合を確認するトナー(着色料)を入れて20分ほど撹拌機でよく混交してから充てんします。

サイディング外壁塗装では、この2液型ノンブリードタイプのシーリング材を使うか使わないかによって、塗装工事の質に差が出てきます。