高級塗料を材質に合わせて塗り重ねる施工。

川崎市内での外壁塗装の様子。

一口に外壁塗装だと言っても、外壁・木部・鉄部と様々な材質を使って作りあげられており、その性質も様々。違う材質に全て同じ塗料を使うのでは無く、その材質に合わせた塗料を使い分けることで更に塗膜の持ちを良くすることが出来ます。

もちろん、塗装する前の下地調整もとても大事な工程です。傷んだ部分を覆い隠すように塗装をしても、いずれ傷みが進行し、同時に塗膜が剥がれてしまい長持ちする施工だとも、家を守る塗装だとも言えなくなってしまいます。

そこで施工時には傷んだ部分を徹底的に補修。時には大工さんなどの専門の職人を入れて、大々的に作り替える事もあります。費用はその分かさんでしまう事もありますが、今だけ良ければ良い施工とは違い、先を見通した施工を行うことが出来ます。